FC2ブログ

最後の栄冠へ、最高のレースを・・・~GⅠ有馬記念~

ジングルベ~ルジングルベ~ル、鈴が~鳴る~♪ メリークリスマス!!こんにちわ、ハマPことハマPです(?)
今日は12月25日、クリスマスですね。みなさんはどうお過ごしでしょうか?

まあ本当に忙しくなったのは昨日のクリスマスイヴでしょうが、どんな時を過ごしていたって、クリスマスというのは楽しい気持ちになりますよね。

自分の中の思い出では、幼いころ――まだサンタがいると信じていた頃――毎年起きた時には枕元には奇麗に包装されたプレゼントが置いてあって、それがたまらなく嬉しくてはしゃいでいましたね。24日の夜は、絶対にサンタと会うんだ~という思いで一杯で、頑張って起きていようと努力するんですが結局撃沈w どれだけやっても睡魔には勝てませんでした。

まあ結局のところ、正体はやっぱ「あれ」なんで、知らなかった方が幸せだったと思いますけどね。


でもサンタは居る!そう思っていた方が、なにか楽しい気分になってきませんか?――


・・・なんか変な話になっちゃいましたねw 遠回りもなんですし、そろそろ本題へと入りましょうか。


今日はなんといっても、野球で言えばオールスター、出走馬はファン投票で決められるグランプリレース。今年最後の中央GⅠである有馬記念がありますね!


グランプリレースと言えば上半期を締めくくる宝塚記念もありますね。それに対し有馬記念は一年の締めくくり、まさしく総決算ですb

個人的には宝塚記念よりも有馬記念のほうが好きですかね。一度当日に競馬場へ行ったことがあるんですが(ちなみに行ったのは阪神競馬場w)、目の前でレースが行われるわけでもないのに中継のターフビジョンを見ながらみんな壮大に手拍子していましたね。いや~それはそれは楽しかったですw 一応それが初めての競馬場でのGⅠでしたからね。


さて自分のことはさておき、この有馬記念というのは今年の年度代表馬を決めるのにも重要なレースなのです。今年は何と言っても、年度代表馬争いが熾烈ですからねw


まずはあの世界的レースであるドバイワールドカップを制覇したヴィクトワールピサ。
一体あの一つの勝利にどれだけの意味があったことか・・・。残念ながらその後故障などがあり残念な結果が続いていますが、ここで勝てばぐいっと年度代表馬の座を近づけますね。しかも去年はブエナビスタとの熾烈な叩き合いを制してこのレース獲っていますからね。チャンスはアリアリですっ!


そして次はブエナビスタ。
前年度年度代表馬でありながら、今年は惜敗に続く惜敗。まるで去年の有馬記念でのハナ差負けが尾を引いているかのような状況でしたが、凱旋門賞馬も集まったジャパンカップで見事な勝利!!ここでも勝って7冠を果たせば、年度代表馬も充分にありえます!!


そしてそして、やっぱり来るのはオルフェーヴル。
あのディープインパクト以来の牡馬三冠達成!というより世代がちょっと違ったら年度代表馬はこの馬で決まりなんですけどねw それだけの功績を残してもまだわからないって・・・どんだけ今年の世代は凄すぎるんだ!?


ほかにも天賞秋で驚異のレコードで勝ったトーセンジョーダンなどなど、ほかにもチャンスがある馬はひしめいており、やはりなにもかもの決着を決するのは、この有馬記念という事ですねb


まあ今ので結構注目馬の紹介は終わっちゃったんですが(オイッw 最後の最後にこの最高のメンバーですよね。ブエナビスタも確か今年で引退だったはずですし、同世代の馬も引退していく可能性が高いです。事実上、今年まで続いていた超豪華メンバーも、これがフィナーレってわけですね。う~ん残念だ


だからこそ、心してみましょうこのレース(もう録画準備もバッチリ!) ではいきましょう今年最後の予想!


まずは三連複ながしで軸に

ブエナビスタ、トーセンジョーダン 相手に

ヴィクトワールピサ、ヒルノダムール、エイシンフラッシュ、トゥザグローリー、ローズキングダム、オルフェーヴル、ジャガーメイル、アーネストリー、レッドデヴィアス、ルーラーシップっと・・・。後はブエナビスタと、オルフェーヴルの馬単総流し、最後にルーラーシップの馬連総流しを付けくわえて、今年最後の予想としたいと思いますb


さあいよいよ始まる今年を締めくくる大一番、冬のグランプリGⅠ有馬記念

あなたの夢はブエナビスタか、それともオルフェーヴルか。私の夢はルーラーシップです。
おそらく最後ですこの最高のメンバーで戦う最高のレースは。とっても惜しいですが仕方ありません。もうこれでもかってぐらいに、楽しみましょう!!出走は15時25分です!


ではこのへんで See you again and Good luck!!  よいお年を~!!









スポンサーサイト



The first crown~GⅠ阪神ジュべナイルフィリーズ~

どうも~こんにちわ、ハマPです。最近はめっきり寒くなり、雪までちらほらと降り始めてます。まあ雨よりは雪の方が個人的には有難いですがとにかく寒い その分鍋物などあったかいものが美味しくなりますが、こう寒いと外出するのもおっくうになる今日この頃ですb

あ、そういえば先週JCダートがあったのにも関わらず更新できずスイマセンでした>< 
わりかし堅い決着ではありましたが、トランセンドの見事な逃げきりでしたね。少し気になるのは来年も続行なのか、それとも今年で引退なのかという動向ですが。個人的には現役続行でまた来年ドバイWCで雪辱を果たして欲しいですね。二年連続世界的レースで日本馬が一位・・・なんて、ぜひとも見てみたいですね


さて今日は牝馬二歳王者決定戦、阪神1600mで行われるGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズがありますね。

勝てば同世代で中央GⅠ(地方では先に一つあったような・・・)初勝利となるわけですが、予想する側としては二歳GⅠはかなりの厳しさがありますね。

なにせ情報が少ない上にどれだけ実力があってもまだ成長段階であったりなど、不確定要素が数えきれないほどあります。もしかすると実力ももちろん大事ですが、どれだけ馬が仕上がっているのかの方が重要かもしれません。


さて今年の顔ぶれを見てみますと、昨年同様またディープ産駒が二頭、そしてディープと同じ新種牡馬のダイワメジャー産駒が二頭と、時代を感じさせる顔ぶれがそろってますね。

まず最初に注目したいのはジョワドヴィーヴル。母はあのブエナビスタなど輩出したビワハイジ、父はディープインパクトと、超良血場ですね。
まだ新馬戦を勝ったばかりでしたが内容は快勝、能力は確かなものがありそうです。地味にPOG指定の馬という意味での応援もありますが、案外スパッと勝つ可能性も充分にありますね。

そして次にはエピセアロームですかね。父はあのマイル王であるダイワメジャー、新馬戦は惜しくも敗れるも未勝利戦、小倉二歳Sなど、その実力は折り紙つき。今回の顔ぶれの中では最有力候補と言ってもいいかもしれません。一つ問題としては外枠であることでしょうか。まだ幼い牝馬に外枠からの激しい競馬は辛いかもしれません。騎手の技術が試されるところかもしれませんね。


それでは予想の方に移っていきますが、まずは三連複ながしで軸に

ジョワドヴィーヴル、エピセアローム 相手に

アンチュラス、エイシンキンチェム、アラフネ、ファインチョイス、イチオクノホシ、アスナタシアブルー、アイムユアーズ、ラシンティランテ、トーセンベニザクラ、サウンドオブハートといった感じで。後はアンチュラスとアイムユアーズの馬連総流し、それにPOG応援でジョワドヴィーヴルの思い切って馬単総流しをつけていきたいと思います。


さあいよいよ始まる牝馬二歳王者決定戦 GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ

世代最初の栄冠を勝ち取り、来年度のクラシックに名乗りをあげるのはどの馬か。レース内容はもちろん、注目度満載のこのレース・・・出走は15時40分からです!


ではこのへんで See you again and Good luck!!








The wind of world~GⅠジャパンカップ~

どうも~こんにちわハマPです。最近はもうめっきり寒くなりましたね。ストーブなどの暖房器具がないともうやってられませんw しかも先週の予想のまあひどいことひどいこと。今まで一番外したんじゃないでしょうかww もうこのブログの更新が寒くて寒くて仕方ありません ここは自信を取り戻すべく頑張っていきたいと思います!!b


さて今日は何と言っても日本で行われる競馬の世界戦。GⅠジャパンカップがありますね。


これがまた話題づくしのレースですが、なんといっても一番の注目はあの世界最上級のレース、凱旋門賞を今年制覇したデインドリーム、そして同じく二着だったシャレータなどなど・・・。聞いた時はマジかよおおお!!とびっくりしてしまいましたw

もちろんそれだけではありません。今回この海外馬勢に対抗する日本馬も凄いことになってますww

ドバイWCを制しあの日本の競馬ファンの夢を叶えたヴィクトワ―ルピサが超久しぶりに出走します。そして前回惜しくも4着に敗れながらもそれでも女王の座に君臨するブエナビスタ。昨年そのブエナビスタ降着でJCを制したローズキングダム。菊花賞で三冠馬オルフェーヴルにダービーに次ぐ二着というウインバリアシオン。そして先週の天皇賞秋でブエナビスタ含めそうそうたるメンバーの中で制したトーセンジョーダンなどなど・・・。ダメだ、書ききれない(笑)

とにかくまあこんな豪華なレースもそうそうないですよね。これ見なくてなに見るんですかと言いたいぐらいに豪華です。もう速攻で録画ボタン押しましたよww こんなレース滅多に見られませんよ真剣に


さてさて、少しばかり落ち着きましょうか(俺だけか(笑) どうもテンションが上がりすぎですw ここは一旦落ち着いて予想の方に入っていきたいと思いますb


まず注目するのはやっぱり凱旋門賞馬のデインドリームですよね。

前回ジャパンカップに来た凱旋門賞馬は99年のモンジューになるのかな・・・?まだ記憶に新しいかもしれませんがあの武豊とスペシャルウィークが勝ったレースですね。その時同馬は4着に終わってしまったのですが、実は過去に凱旋門賞を制してJCに乗り込んできた馬の中で、なんと勝利馬は一頭も居ないのです!

なぜ世界最高峰と言われる凱旋門賞を制しながらJCで勝てないのか。もちろん実力が足りないなんてことはありません。しかし日本馬のレベルが相当に高いことは事実です。そしてなんといっても一番の原因は長距離輸送と芝の違いにあります。


まず長距離輸送から。少し話は逸れますが馬は知っての通り草食動物です。極端な話草食動物は草を食べていれば餓死することはありません。草食動物が最も恐れるのは餓死ではなく、肉食動物からの攻撃なのです。

肉食動物に対して例外を除いて草食動物は基本的に勝てません。じゃあどうするか。答えは簡単とにかく逃げることです。逃げて逃げて追いつかれないように走るしかありません。だから草食動物は、常に肉食動物にいつ襲われても逃げられるように警戒を張り巡らせているのです。

しかしもし、自分が居る場所が凄く狭い場所だったらどうなるでしょう。単純に考えて気付いても逃げられませんよね?人間でも狭い場所が好きなんて人はまあ少しは居ますが多くはいないですよね。しかし草食動物はそれとは違い、好き嫌いではなくそこに居れば肉食動物に襲われたら逃げられない、殺されるという死の恐怖があるから狭い場所を嫌がるのです。


サラブレッドは何度も重ねられた配合により野生としての本能をいくつか失っています。しかしこの本能は少なからず残っています。例えばレース直前のゲート入り。すんなりと入る馬もいますがなかなか入ろうとしない馬もいますよね。あれはだだをこねているのではなく、単純にあそこに入れば逃げられないという恐怖心から来ているところもあるんです。

あ、誤解を招くので一応書いときますがもちろん理由はこれだけじゃないですよ?気性とかも関係してきますし色々と原因はあります。今言いたいのは、基本的に狭い場所に入りたがる馬なんてほぼゼロに等しいということです。ちなみにすんなりと入る馬は、ここに危険なものはないから大丈夫ということをもう学習しているとも考えられますb


さて話が脱線しましたが、たとえ欧州地方で多く輸送を積んでいたとしても日本までほどの長距離輸送は体験はしていないはずです。まあ長距離輸送がどんな感じに行われていて、もしかしたら頑張って広くしているかもしれませんが、それでも馬にとって外より狭いことは確かで、ストレスが溜まるものです。どんなに実力があっても、長距離輸送で体調を崩したり本調子でなくなったりすることはもう数えきれないぐらいあるんですよねえ~。


さてさてもう一つの理由に芝の違いがあります。まあ過去の記事に何度か書いていますが、欧州の芝は長く、そして重いため、スピードももちろんですが力も必要になります。一方日本の芝は欧州に比べて短く軽い馬場で、力よりもガンガンにスピード重視になります。過去の馬でシングスピールやファルブラヴなどのようにどんな場所でも適応できる馬なら話は別ですが、基本的にこれが実力あっても日本のレースで勝てない一番の原因です。反対に、日本の超一流馬が凱旋門賞で惨敗するのも、この原因が大きく関わっていると思います。


いや~なんかめっちゃ長々と書いてしまいましたね。すいませんw おかげでもう日本馬について書けそうにありません(オイッ 本当に申し訳ないんですがここで馬券の予想の方に入りたいと思います。過去の記事で取り上げた馬ばかりだから大丈夫かな~・・・まあダメですよねwww


さてどうしましょうか。ここから選べというのも酷な話ですよね。それだけ今回のレースのレベルは高いというか高すぎですw どの馬が勝っても本当におかしくない。

・・・よしっ!、ではいってみましょうまずは三連複ながしの軸に

ブエナビスタ ヴィクトワールピサ 相手に

ジャガーメイル、ローズキングダム、トレイルブレイザー、トゥザグローリー、ペルーサ、ミッションプルーヴド、ウインバリアシオン、デインドリーム、シャレータ、エイシンフラッシュ、トーセンジョーダンと日本馬攻めで。後はウインバリアシオン、トーセンジョーダン、そして企画の一つであるペルーサの馬連総流しでいきたいと思います。


さあいよいよ始まる日本が舞台の世界戦GⅠジャパンカップ


凱旋門賞馬がその実力を見せつけるのか、それとも日本馬の強さを逆に叩きつけるのか。これ以上のメンバーはなかなか見られないよ真剣に。そしてペルーサ男を見せろーーーっ!!w 出走は15時20分からです。いつもより1レース早いですからお間違いなくb


それではこのへんで See you again and Good luck!!

1マイルの栄光へ・秋~GⅠマイルチャンピオンシップ~

どうも~ハマPですこんにちわ~。前回の予想では久しぶりに三連複予想が当たりました まあ結果はトントンでしたがw しかし強かったですね~スノーフェアリー。まさかあそこでインから差してくるとは・・・っと、このままでは長話になりますねw 今日は残念ながら時間がないので今回は予想だけでいきたいと思いますb


まずは三連複ながしの軸に

エイシンフォワード、リアルインパクト 相手に

フィフスペトル、エイシンアポロン、イモータルヴァース、マルセリーナ、スマイルジャック、グランポリボス、ミッキードリーム、サプレザ、レインボーペガサス、リディル そして後はマルセリーナ、グランポリボスの馬連総流しってところですかね。


さあいよいよ始まる秋のマイル王決定戦GⅠマイルチャンピオンシップ

二週連続またしても海外馬の脅威か、それともリアルインパクトの春秋マイル連覇か、はたまたエイシンフォワードのマイルチャンピオンシップ連覇か。非情に内容が気になる一戦・・・出走は15時40分です!

本当はなんでこんな予想になったのかとか色々書きたかったんですが、スイマセン、タイムアップですww しかし海外馬勢に関してはあまり情報をとっていないのですが、もし来るのなら13番サプレザではなく、7番イモータルヴァースだと思いますb


ではこのへんで See you again and Good luck!!


女王の座へ、華麗なる一戦~牝馬GⅠエリザベス女王杯~

どうも~こんにちわハマPです。最近はなんだか注目した馬は好走するんですけど軸に入っていなかったりなどやきもきする感じが続いてます なかなかお目にかかれない三冠馬が誕生したのにその特集もできなかったりなど、もう残念な感じになってきてますねw ここは少し気合いを入れ直す必要がありそうですb

ファイトォーーーーッ、いっぱーーーつっ!!!


さてなんかだいぶ脱線してしまいましたが(笑)とにもかくも、今日は真の女王決定戦 GⅠエリザベス女王杯がありますね。

最近のGⅠは出走馬を含めめちゃくちゃ見応えがあるレースが続いているんですが、今回のこのレースもきてますね~ガンガンきてますw


昨年牝馬三冠を達成したアパパネ、今年の秋華賞を勝ったアヴェンチュラ、同じく今年の牝馬戦線で惜敗に次ぐ惜敗を続けたホエールキャプチャ、そしてまたまた同じく今年の牝馬戦線大本命と言われながら桜花賞前哨戦のチューリップ賞後のまさかの故障で戦線を離脱したレーヴディソール。これが復帰戦でもあります。

これだけでも十分豪華なのに、今年はなんといってもそれに待ち構える海外馬のレベルの高さ。英、独オークス勝ち馬のダンシングレイン、昨年度このエリザベス女王杯を制覇、その後も香港Cを制しなんといっても今年のあの凱旋門賞で3着という戦績のスノーフェアリー。う~ん・・・強いですねwww


特にスノーフェアリーが制した昨年のエリザベス女王杯。あれは圧巻でしたね。大外から追い込むメイショウベルーガ、それを最内から凄まじい末脚で突き放しての圧勝。あれを見た時はもう「・・・つよっ、なにこの強さw」と思わず苦笑いを浮かべてしまいました。海外馬が日本のレースに参加して凡走することは多々ありますが、あれほどのレースを見せられたらもう脱帽ですねw


さてさて、これだけ有力馬が多いと絞り込むのも難しいですね。ですが今回も頑張って注目馬を抜き出していきたいと思いますb

まず一頭目にアヴェンチュラ。秋華賞での先行逃げ切りはそれはもう見事なものでした。今回このレースに出走するホエールキャプチャ、桜花賞を制したディープインパクト産駒のマルセルーナなどなど、ハイレベルなメンバーの中での勝利はまさに本物です。それになんと言っても今回の枠順が最内一番!!これはもう絶好の条件なのではないでしょうか。注目ですね。


そして二頭目にはレーヴディソール。あの桜花賞前哨戦チューリップ賞を圧勝した後の故障発覚。あれは衝撃でしたね。阪神JFや同レースを含め、その強さは秀逸。もし無事だったら牝馬三冠も充分に可能でした・・・って競馬で「たられば」はいけませんね。スイマセン>< でもそれほどに実力はピカイチな馬です。
しかしまあ一番の不安要素はこれが復帰一戦目であること。できればどこかで一戦交えての参戦ならわかりやすかったのですが、長期休養明けというのはなかなか厳しい条件ですね。どんなに実力はあっても長期休養明け一発目で本当の力を出し切るのは難しいです。それがGⅠならなおさらであの一年ぶりながら有馬記念を制したトウカイテイオーなども居ますが(まあそれでも奇跡と言われてますが)、普通なら至難の技ですね。果たして復帰一戦目でどれだけの力を出せるか、見ものですね。


さて最後の一頭としてはやっぱりここはスノーフェアリーですかね。昨年度のあの強さ、今年の凱旋門賞でも人本から参戦した二頭が惨敗を喫する中三着という実績。能力だけで言えば頭一つ抜きん出ているのは否めませんね。枠順も大外枠18番で、前を気にすることもないでしょう。ただ一つ不安があるとすれば1年ぶりの日本馬場であること。昨年あれだけの強さを見せれば適性は問題ないだろうと思うのですが、もしかすると海外、それも欧州の重い芝に脚が慣れてしまい日本のスピード馬場に適応しきれないという可能性もなくはないです。
果たしてその強さを見せつけエリザベス女王杯連覇という偉業を達成するか、注目です。


あれダンシングレインはどうした?という声がきそうですが、う~ん自分の中では本命というよりは三連複ながしの紐って感じなんですよね。英、独オークス制覇という実力、3歳馬ということで斤量も54という有利な条件。なんといっても昨年のスノーフェアリーとパターンが似ていますよね。ですが14番という外枠ぎみ、そして強力な差し馬達、なんといっても日本の馬場の適性が未知数なんですよね。ですので軸ではなく、紐か馬連の方に持っていきたいかな、という感じですね。(正直展開からしたら前残りしそうかも・・・


さてでは予想の方ですが、まず軸に

アヴェンチュラ、スノーフェアリー 相手に

イタリアンレッド、ホエールキャプチャ、アパパネ、サンテミリオン、アニメイトバイオ、レ―ヴディソール、フミノイマージン、オールザットジャズ、ダンシングレイング、グルヴェイグ 後はレーヴディソール、ダンシングレインの馬連総流しってとこですかね。


さあいよいよ始まる秋の女王決定戦GⅠエリザベス女王杯

華麗なる一戦を制しそのクラウンを勝ち取るのは強力海外馬勢か、それともそれに待ったをかける日本馬勢か。非情に楽しみな一戦・・・出走は15時40分です。最後に今回は勝っても負けてもレ―ヴディソールに注目したいと思います・・・と少し杉原アナのパクリを入れておきますwww


ではこのへんで See you again and Good luck!!



FC2カウンター
メッセージボード
- Information -

現在の成績 6勝 40430¥      ペルーサながし成績 1勝 300\


-- E N D --
.
.
プロフィール

ハマP

Author:ハマP
メイプルストーリーと競馬についての日記です。どうぞみてやってください。これを機に、みなさんも競馬に興味をもってくれたらうれしいです。ちなみに予想するレースは重賞などのメインレースのみです。ブログランキング↓↓もよろしく!!
好きな馬はナリタブライアンです。

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ